英語教育

◎英語教育:出来ないことの理由探しではなく、出来るために何をするのか

生徒のための英語教育なのか、先生のための英語教育なのか・・。残念ながら、後者の視点で書かれた英語教育本が多いのが日本の特徴です。

生徒の英語習得期待レベルは、時間や生徒のレベルなどの教育環境で違ってきます。これらの教育環境相応に生徒の英語の習得レベルを上げる、というのが世界の「常識」ではないでしょうか(少なくとも日本以外の東アジアの国々では)。

これらの本は、生徒の英語の習得レベルを上げられない「エクスキューズ探し」に見えてしまいます。

これからの英語教育は、「出来ない」ことの理由探しではなく、時間、生徒のレベルなどの教育環境相応に生徒に英語の習得をさせる、という東アジアの英語習得教育志向に向かっていって欲しいです。

それが生徒や親御さんの望みであり、これからの英語教師になる学生にやりがいとやる気と希望をもたらすことにもなると信じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です